7Tニューロイメージングプロジェクト(cMRI2)

装置紹介

7 Tesla MRI

 【7.0 Tesla MRI (Discovery MR950, GE Healthcare)】
本学では2011年に国内で2代目、デジタル機器では世界初となる超高磁場7テスラMRI装置を導入しました。この7テスラMRI装置を利用して、本学の医・歯・薬三学部、そして国内外の研究機関と数多くの学際的研究が進められており、世界に先駆けた総合研究拠点となっています。7テスラMRIの最大の特徴は、従来の1.5 Teslaや3 Tesla MRIと比較して空間分解能や信号雑音比が格段に高い画像が撮像できる点にあります。7テスラでは100~200ミクロンの超高精細画像を撮像することができ、これまで不可能だった脳や脳血管の微細な変化を捉えたり、脳の機能や代謝のわずかな異常を検出したりすることが可能となりました。現在、世界的にみても超高磁場7テスラMRIを用いた臨床研究は極めて少なく、今後の脳領域を中心とした臨床医学・医療分野に大きく貢献することが期待されています。

ページの先頭へ