cMRI2 研究業績(研究テーマ2)

2015年

論文(英文)

  1. Oshida S, Ogasawara K, Saura H, Yoshida K, Fujiwara S, Kojima D, Kobayashi M, Yoshida K, Kubo Y, Ogawa A: Does preoperative measurement of cerebral blood flow with acetazolamide challenge in addition to preoperative measurement of cerebral blood flow at the resting state increase the predictive accuracy of development of cerebral hyperperfusion after carotid endarterectomy? Results from 500 cases with brain perfusion single-photon emission computed tomography study. Neurol Med Chir (Tokyo) 55(2):141-8, 2015

  2. Sato Y, Kashimura H, Takeda M, Chida K, Kubo Y, Ogasawara K: Aneurysm of the A1 Segment of the Anterior Cerebral Artery Associated with the Persistent Primitive Olfactory Artery. World Neurosurg 84(6):2079.e7-9, 2015

  3. Saura H, Ogasawara K, Beppu T, Yoshida K, Kobayashi M, Yoshida K, Terasaki K, Takai Y: Hypoxic viable tissue in human chronic cerebral ischemia because of unilateral major cerebral artery steno-occlusive disease. Stroke 46(5):1250-1256, 2015

  4. Yoshida K, Ogasawara K, Saura H, Saito H, Kobayashi M, Yoshida K, Terasaki K, Fujiwara S, Ogawa A: Post-carotid endarterectomy changes in cerebral glucose metabolism on 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography associated with postoperative improvement or impairment in cognitive function. J Neurosurg 123(6):1546-1554, 2015

  5. Goodwin JA, Kudo K, Shinohe Y, Higuchi S, Uwano I, Yamashita F, Sasaki M: Susceptibility-Weighted Phase Imaging and Oxygen Extraction Fraction Measurement during Sedation and Sedation Recovery using 7T MRI. J Neuroimaging 25(4):575-81, 2015

  6. Wintermark M, Luby M, Bornstein NM, Demchuk A, Fiehler J, Kudo K, Lees KR, Liebeskind DS, Michel P, Nogueira RG, Parsons MW, Sasaki M, Wardlaw JM, Wu O, Zhang W, Zhu G, Warach SJ: International survey of acute stroke imaging used to make revascularization treatment decisions. Int J Stroke 10(5):759-62, 2015

学会発表

  1. Chida K, Ogasawara K, Yoshida J, Oikawa K, Matsumoto Y, Fujiwara S, Kobayashi M, Yoshida K, Terasaki K, Ogawa A: Preoperative prediction of cerebral hyperperfusion after carotid endarterectomy using middle cerebral artery signal intensity in 1.5-tesla magnetic resonance angiography followed by cerebrovascular reactivity to acetazolamide using brain perfusion single-photon emission computed tomography. The 7th Japanese-Korean Joint Stroke Conference 10, Busan, Korea, 2015

  2. Kobo Y, Koji T, Saito H, Yoshida J, Ogawa A, Ogasawara K: Adrenomedullin in the cerebrospinal fluid is related to appetite loss and delayed ischemic neurological deficits after subarachnoid hemorrhage. 13th International Conference on Neurovascular Events after Subarachnoid Hemorrhage (Vasospasm2015) 9, Karuizawa, 2015

  3. Sato Y, Ogasawara K, Narumi S, Sasaki M, Saito A, Namba T, Kobayasi M, Yoshida K, Terayama Y, Ogawa A: Optimal T1-weighted MR plaque imaging for cervical carotid artery stenosis in predicting development of microembolic signals during carotid dissection in endarterectomy. ISMRM 23rd Annual Meeting 5, Toronto, 2015

  4. Uwano I, Sasaki M, Kudo K, Sato R, Sato Y, Ogasawara Y, Saura H, Ogasawara K, Harada T, Ito K, Yamashita F, Goodwin J, Higuchi S: Measurement of the Oxygen Extraction Fraction in Patients with Steno-occlusive Cerebrovascular Diseases using Quantitative Susceptibility Mapping at 7T. ISMRM 23rd Annual Meeting 5, Toronto, 2015

  5. 幸治孝裕、久保慶高、佐藤由衣子、小笠原靖、野村順一、佐々木真理、小川彰、小笠原邦昭: 3T MRI、7T MRIによる未破裂脳動脈瘤患者における穿通枝の評価. 第38回東北脳血管障害研究会 12, 仙台, 2015

  6. 小笠原邦昭: CAS high riskにおける脳循環測定の意義:CEA術者からの提言. 第31回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 11, 岡山, 2015

  7. 小笠原邦昭: CAS術者が解決しなければならないこと:CEA術者からの疑問. 第31回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 11, 岡山, 2015

  8. 小林正和、小笠原邦昭、千田光平、吉田研二、麻生謙太、小川彰: 虚血後早期hyperemiaと内頸動脈遮断中の脳虚血重症度 -頸動脈内膜剥離術における経頭蓋脳酸素飽和モニターから-. 第22回東北脳循環カンファランス 11, 仙台, 2015

  9. 小山理恵: 胎児脳MRIとDWIの画像再構築への挑戦: pilot study. 第3回新胎児学研究会 11, 高松. 2015

  10. 小笠原靖、小笠原邦昭、佐藤由衣子、藤原俊朗、吉田研二、小林正和、山下典生、鳴海新介、斉藤あゆみ、寺山靖夫、佐々木真理、小川彰: 頸動脈内膜剥離術中の微小塞栓出現の術前予知: 3D T1W MRプラークイメージングによる検討. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 10, 札幌, 2015

  11. 小笠原邦昭: われわれのデータに基づく合併症予防のための頚動脈内膜剥離術の周術期管理. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 10, 札幌, 2015

  12. 幸治孝裕、久保慶高、佐藤由衣子、小笠原靖、野村順一、佐々木真理、小川彰、小笠原邦昭: 3T MRI、7T MRIによる未破裂脳動脈瘤患者における穿通枝の評価. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 10, 札幌, 2015

  13. 千田光平、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 頸部頸動脈血行再建術後過灌流予知における頭部MRAの有用性とacetazolamide負荷脳血流SPECT施行の効率化. 第27回日本脳循環代謝学会総会 10, 富山, 2015

  14. 小林正和、小笠原邦昭、大志田創太郎、佐浦宏明、吉田浩二、藤原俊朗、小島大悟、吉田研二、久保慶高、小川彰: 頚動脈内膜剥離術後過灌流の予知にアセタゾラミド負荷は必要か?安静時脳血流量測定単独との精度比較. 第27回日本脳循環代謝学会総会 10, 富山, 2015

  15. 小守林靖一、大間々真一、佐浦宏明、及川公樹、松本昌泰、千田光平、斎藤秀夫、藤原俊朗、吉田雄樹、小笠原邦昭: 大脳深部脳内出血における大脳および小脳皮質神経受容体結合能と神経学的脱落症状:iomazenil SPECT研究. 第27回日本脳循環代謝学会総会 10, 富山, 2015

  16. 及川公樹、千田光平、松本昌泰、佐浦宏明、吉田浩二、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 症候性慢性両側椎骨動脈閉塞症に対するバイパス術後に低酸素脳組織の改善が認められた一例:18F-FRP 170PETによる検討. 第25回東北脳SPECT研究会 9, 福島, 2015

  17. 小笠原邦昭: アセタゾラミド適正使用指針について. 第25回東北脳SPECT研究会 9, 福島, 2015

  18. 小笠原邦昭: 頚動脈内膜剥離術後認知機能変化とそのメカニズム. Neurosurgery Forum in Tochigi 9, 宇都宮, 2015

  19. 小笠原邦昭: 血行再建術後過灌流とは. 脳循環代謝サマーキャンプ2015 7, 神戸, 2015

  20. 小林正和、小笠原邦昭、大志田創太郎、佐浦宏明、吉田浩二、藤原俊朗、小島大吾、吉田研二、久保慶高、小川彰: 頚動脈内膜剥離術後過灌流の予知にアセタゾラミド負荷は必要か?安静時脳血流量測定単独との精度比較. 第7回東北頚動脈研究会 7, 仙台, 2015

  21. 佐藤由衣子、小笠原邦昭、鳴海新介、佐々木真理、斎藤あゆみ、南波孝昌、小林正和、吉田研二、寺山靖夫、小川彰: 頚動脈内膜剥離術中の微小塞栓出現の術前予知:TCDモニタリングを用いた至適MRIプラークイメージングの検討. 第34回日本脳神経超音波学会総会 6, 京都, 2015

  22. 久保慶高、幸治孝裕、太田原康成、山館圭子、轟知佳、小笠原邦昭: 高齢未破裂脳動脈瘤患者へのclipping術は高次脳機能とQOLに影響を与ええるのか?WAISとSTAIを用いての検討. 第24回日本脳ドック学会総会 6, 横浜, 2015

  23. 斎藤秀夫、小林正和、吉田研二、久保慶高、村上寿孝、南波孝昌、小笠原邦昭: 高齢者における頚動脈内膜剥離術後認知機能変化:若年者との比較. 第24回日本脳ドック学会総会 6, 横浜, 2015

  24. 千田光平、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 頚部頚動脈血行再建術後過灌流予知における頭部MRAの有用性とdiamox負荷脳血流SPECT施行の効率化. 第2回日本心血管脳卒中学会学術集会 6, 徳島, 2015

  25. 佐浦宏明、小笠原邦昭、斎藤秀夫、吉田浩二、寺崎一典、佐々木敏秋、小林正和、吉田研二、別府高明、小川彰: 脳主幹動脈狭窄閉塞病変による慢性脳虚血における低酸素組織:18F-FRP170による検討. 第34回岩手県核医学懇話会 6, 盛岡, 2015

  26. 小林正和、小笠原邦昭、吉田研二、鈴木太郎、久保慶高、藤原俊朗、小川彰: 頚動脈内膜剥離術における頚動脈露出操作中の意図的昇圧は微小塞栓による脳虚巣出現を予防する. 第21回日本脳神経モニタリング学会 6, 東京, 2015

  27. 佐浦宏明、小笠原邦昭、斎藤秀夫、吉田浩二、寺崎一典、佐々木敏秋、小林正和、吉田研二、別府高明、小川彰: 慢性期両側椎骨動脈閉塞における術前後の低酸素組織の変化:[18F]FRP170による検討. 第21回NMCC共同利用研究成果発表 5, 盛岡, 2015

  28. 小林正和、小笠原邦昭、大志田創太郎、佐浦宏明、吉田浩二、藤原俊朗、小島大吾、吉田研二、久保慶高、小川彰: 頚動脈内膜剥離術後過灌流の予知にアセタゾラミド負荷は必要か?安静時脳血流量測定単独との精度比較. 第21回NMCC共同利用研究成果発表 5, 盛岡, 2015

  29. 久保慶高、幸治孝裕、太田原康成、樫村博史、小笠原邦昭: 高齢未破裂嚢状脳動脈瘤患者におけるネッククリッピング前後の高次脳機能ならびに不安評価. 第28回日本老年脳神経外科学会 4, 米子, 2015

  30. 佐浦宏明、小笠原邦昭、斎藤秀夫、吉田浩二、小林正和、吉田研二、小川彰: 脳主幹動脈狭窄閉塞性病変による慢性虚血脳での低酸素組織の存在: 18F-FRP170 PET による検討. 第40回日本脳卒中学会総会 3, 広島, 2015

  31. 吉田浩二、小笠原邦昭、佐浦宏明、斎藤秀夫、小林正和、吉田研二、佐々木敏秋、寺崎一典、小川彰: 頚動脈内膜剥離術後認知機能変化と脳糖代謝変化:FDG-PET を用いて. 第40回日本脳卒中学会総会 3, 広島, 2015

  32. Saito H, Ogasawara K, Nishimoto H, Yoshioka Y, Murakami T, Fujiwara S, Sasaki M, Kobayashi M, Yoshida K, Kubo Y, Beppu T, Ogawa A: Postoperative changes in cerebral metabolites associated with cognitive improvement and impairment after carotid endarterectomy: a 3T proton MR spectroscopy study. 第40回日本脳卒中学会総会 3, 広島, 2015

  33. Sato Y, Ito K, Ogasawara K, Sasaki M, Kudo K, Murakami T, Nanba T, Nishimoto H, Yoshida K, Kobayashi M, Kubo Y, Mase T, Ogawa A: Postoperative increase in cerebral white matter fractional anisotropy on diffusion tensor magnetic resonance imaging is associated with cognitive improvement after uncomplicated carotid endarterectomy: tract-based spatial statistics analysis. 第40回日本脳卒中学会総会 3, 広島, 2015

  34. 久保慶高、幸治孝裕、樫村博史、太田原康成、斎藤秀夫、小川彰、小笠原邦昭: 70歳以上の高齢者が有する未破裂嚢状脳動脈瘤の増大因子とは? -単施設における前向き研究より-. 第44回日本脳卒中の外科学会学術総会 3, 広島, 2015

  35. 佐藤由衣子、小笠原邦昭、鳴海新介、佐々木真理、斎藤あゆみ、南波孝昌、小林正和、吉田研二、寺山靖夫、小川彰: 頚動脈内膜剥離術中微小塞栓出現の術前予知:至適 MRI プラークイメージングの検討. 第40回日本脳卒中学会総会 3, 広島, 2015

  36. 小笠原邦昭: ダイアモックス注射薬の副作用問題にどう対応するか. 第38回日本脳神経CI学会総会 2, 名古屋, 2015

  37. 佐藤由衣子、小笠原邦昭、鳴海新介、佐々木真理、斎藤あゆみ、小笠原靖、南波孝昌、小林正和、吉田研二、寺山靖夫: 頚動脈内膜剥離術中微小塞栓出現の術前予知:至適 MRIプラークイメー ジングの検討. 第38回日本脳神経CI学会総会 2, 名古屋, 2015

  38. 小林正和、小笠原邦昭、大志田創太郎、佐浦宏明、吉田浩二、藤原俊朗、小島大吾、吉田研二、久保慶高、小川彰: 頚動脈内膜剥離術後過灌流の予知にアセタゾラミド負荷は必要か?安静 時脳血流量測定単独との精度比較. 第38回日本脳神経CI学会総会 2, 名古屋, 2015

  39. 上野育子、佐々木真理、工藤與亮、佐藤良太、小笠原邦昭、原田太以佑、伊藤賢司、山下典生、樋口さとみ: 7T-MRIの定量的磁化率マップによるOEF計測:主幹動脈病変患者のPET画像との比較. 第38回日本脳神経CI学会総会 2, 名古屋. 2015

  40. 小笠原邦昭: 虚血性脳血管障害に対する分子イメージングの応用. 富山脳機能画像カンファレンス2015 2, 富山, 2015

  41. 小笠原邦昭: MRIおよびSPECTを用いた脳虚血性病変に対する新たな脳循環代謝画像. 第2回神奈川脳卒中コンソーシアム 2, 横浜, 2015

  42. 小笠原邦昭: MRIプラークイメージングは頸動脈内膜剥離術中の微小塞栓出現を術前予知できるのか?. Neurovascular Forum 2015 1, 東京, 2015

ページの先頭へ