cMRI2 研究業績(研究テーマ2)

2016年

論文(英文)

  1. Kudo K, Uwano I, Hirai T, Murakami R, Nakamura H, Fujima N, Yamashita F, Goodwin J, Higuchi S, Sasaki M: Comparison of different post-processing algorithms for dynamic susceptibility contrast perfusion imaging of cerebral gliomas. Magn Reson Med Sci. 2016 (epub)

  2. Fujimoto K, Matsumoto Y, Oikawa K, Nomura J, Shimada Y, Fujiwara S, Terasaki K, Kobayashi M, Yoshida K, Ogasawara K: Cerebral Hyperperfusion after Revascularization Inhibits Development of Cerebral Ischemic Lesions Due to Artery-to-Artery Emboli during Carotid Exposure in Endarterectomy for Patients with Preoperative Cerebral Hemodynamic Insufficiency: Revisiting the "Impaired Clearance of Emboli" Concept. Int J Mol Sci 17(8):pii: E1261, 2016

  3. Kojima D, Ogasawara K, Kobayashi M, Yoshida K, Kubo Y, Chida K, Oshida S, Yoshida J, Fujiwara S, Terasaki K: Effects of uncomplicated carotid endarterectomy on cognitive function and brain perfusion in patients with unilateral asymptomatic severe stenosis of the internal carotid artery by comparison with unoperated patients. Neurol Res 38(7):580-586, 2016

  4. Kubo Y, Koji T, Yoshida J, Ogawa A, Ogasawara K: Predicting neurological deficit severity due to subarachnoid haemorrhage: soluble CD40 ligand and platelet-derived growth factor-BB. Crit Care Resusc 18(4):242-246, 2016

  5. Ogasawara Y, Beppu T, Murakami T, Sasaki M, Ogasawara K: Basal ganglia germinoma presenting as a growing intratumoral hematoma in a 12-year-old boy. Childs Nerv Syst 32(4):589-590, 2016

  6. Yoshida J, Ogasawara K, Chida K, Oikawa K, Matsumoto Y, Nomura J, Ogasawara Y, Fujiwara S, Kobayashi M, Yoshida K, Terasaki K, Ogawa A: Preoperative prediction of cerebral hyperperfusion after carotid endarterectomy using middle cerebral artery signal intensity in 1.5-tesla magnetic resonance angiography followed by cerebrovascular reactivity to acetazolamide using brain perfusion single-photon emission computed tomography. Neurol Res 38(1):1-9, 2016

  7. Kudo K, Liu T, Murakami T, Goodwin J, Uwano I, Yamashita F, Higuchi S, Wang Y, Ogasawara K, Ogawa A, Sasaki M: Oxygen extraction fraction measurement using quantitative susceptibility mapping: Comparison with positron emission tomography. J Cereb Blood Flow Metab 36(8):1424-33, 2016

  8. Uwano I, Sasaki M, Kudo K, Boutelier T, Kameda H, Mori F, Yamashita F: Tmax Determined Using a Bayesian Estimation Deconvolution Algorithm Applied to Bolus Tracking Perfusion Imaging: A Digital Phantom Validation Study. Magn Reson Med Sci 16(1):32-37, 2016

  9. Maeda T, Inagaki M, Fujita Y, Kimoto T, Tanabe-Fujimura C, Zou K, Liu J, Liu S, Komano H: ATP increases the migration of microglia across the brain endothelial cell monolayer. Biosci Rep 36(2):e00318, 2016

  10. Maeda T, Tanabe-Fujimura C, Fujita Y, Abe C, Nanakida Y, Zou K, Liu J, Liu S, Nakajima T, Komano H: NAD(P)H quinone oxidoreductase 1 inhibits the proteasomal degradation of homocysteine-induced endoplasmic reticulum protein. Biochem Biophys Res Commun 473(4):1276, 2016

学会発表

  1. Sasaki M: Stroke imaging using ultrahigh field MRI. 13th International Symposium on Thrombolysis Thrombectomy and Acute Stroke Therapy (TTST2016) 11, Kobe, 2016

  2. Chida K, Ogasawara K, Yoshida J, Oikawa K, Matsumoto Y, Fujiwara S, Kobayashi M, Yoshida K, Terasaki K, Ogawa A: Preoperative prediction of cerebral hyperperfusion after carotid endarterectomy using 1.5-tesla magnetic resonance angiography followed by single-photon emission computed tomography with acetazolamide. Asia Pacific Stroke Conference 2016 7, Brisbane, Australia, 2016

  3. Sato Y, Ogasawara K, Narumi S, Sasaki M, Saito A, Namba T, Kobayashi M, Yoshida K, Terayama Y: Optimal magnetic resonance plaque imaging for cervical carotid artery stenosis in predicting development of microembolic signals during carotid dissection in endarterectomy. Asia Pacific Stroke Conference 2016 7, Brisbane, Australia, 2016

  4. Saura H, Ogasawara K, Beppu T, Yoshida K, Kobayashi M, Yoshida K, Terasaki K, Takai Y, Ogawa A: Hypoxic viable tissue in human chronic cerebral ischemia because of unilateral major cerebral artery steno-occlusive disease. Asia Pacific Stroke Conference 2016 7, Brisbane, Australia, 2016

  5. Fujiwara S, Mori Y, de la Mora DM, Ogasawara K, Yoshioka Y: Detection of abnormal cerebral hemodynamic change by intravoxel incoherent motion (IVIM) analysis in bilateral carotid artery occlusion (BCAO) rat. Asia Pacific Stroke Conference 2016 7, Brisbane, Australia, 2016

  6. Ogasawara Y, Ogasawara K, Sato Y, Narumi S, Sasaki M, Kobayashi M, Fujiwara S, Yoshida K, Terayama Y, Ogawa A: Relationship between the position of the plaque signal intensity identified by 3D-FSE T1W MR plaque imaging and development of microembolic signals on transcranial Doppler during exposure procedure of carotid arteries in endarterectomy. ISMRM 24th Annual Meeting 5, Singapore, 2016

  7. Tanifuji S, Akaka M, Kamei A, Araya N, Chida S: Metabolic changes detected by proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS) in preterm infants with normal development. 22th Pediatric Academic Societies 4, Baltimore, 2016

  8. 小笠原靖、鳴海新介、藤原俊朗、佐藤由衣子、小林正和、吉田研二、佐々木真理、寺山靖夫、小笠原邦昭: 頸動脈内膜剥離術における頚動脈露出操作中の微小塞栓出現の術前予知:3D T1W MRプラークイメージングによる検討. 第39回東北脳血管障害研究会 12, 仙台, 2016

  9. 佐藤雄一、別府高明、藤原俊朗、小笠原邦昭: Arterial spin labelingでギリアデル留置後の局所再発を予測しうるか. 第34回日本脳腫瘍学会学術集会 12, 甲府, 2016

  10. 千田光平、小笠原邦昭、小島大吾、及川公樹、松本昌泰、藤原俊朗、小林正和、吉田研二、久保慶高、寺崎一典: 無症候性頸部内頸動脈高度狭窄に対する内膜剥離術は認知機能を改善 するか?-非手術例との比較-. 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 11, 徳島, 2016

  11. 藤原俊朗、森勇樹、de la Mora DM、小笠原邦昭、吉岡芳親": 両側総頸動脈閉塞ラットを用いたIVIM-DWIによるCBV測定法の検証. 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 11, 徳島, 2016

  12. 小守林靖一、小島大吾、松本昌泰、及川公樹、千田光平、佐浦宏明、斎藤秀夫、藤原俊朗、小笠原邦昭: 大脳深部脳内出血における大脳および小脳皮質神経受容体結合能と嚥 下障害との関連: iomazenil SPECT研究. 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 11, 徳島, 2016

  13. 小林正和、小笠原邦昭、及川公樹、松本昌泰、小島大吾、吉田研二、藤原俊朗: 頚動脈内膜剥離術後過灌流は術中塞栓による脳虚血巣の出現を抑える: Wash out仮説の拡大解釈. 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 11, 徳島, 2016

  14. 小笠原邦昭: アセタゾラマイド適正使用指針」を踏まえた虚血性脳血管障害に対する脳循環代謝画像. 第59回日本脳循環代謝学会学術集会 11, 徳島, 2016

  15. 松本昌泰、千田光平、及川公樹、小島大吾、藤原俊朗、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 99mTc-ECD SPECTを用いた一側性脳主幹動脈閉塞性病変における貧困灌流の検出能 -PETとの比較-. 第23回東北脳循環カンファランス 11, 仙台, 2016

  16. 小笠原邦昭: 頸部頚動脈血行再建術とニューロサイエンス. 第2回ブレインハートカンファ 11, 水戸, 2016

  17. 小笠原邦昭: CEA surgeonの立場から. 第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 11, 神戸, 2016

  18. 小笠原邦昭: 頚動脈狭窄症の治療に脳血流SPECTを活かす. 第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 11, 神戸, 2016

  19. 小笠原邦昭: 頚部内頚動脈狭窄症とニューロサイエンス. 第12回京滋脳卒中臨床カンファランス 10, 京都, 2016

  20. 小笠原邦昭: 頚部内頚動脈狭窄症とニューロサイエンス. 第39回岳南脳疾患研究会 10, 静岡, 2016

  21. 小笠原邦昭: 頚動脈内膜剥離術とニューロサイエンス. 第40回Metropolitan Stroke Forum学術講演会 10, 東京, 2016

  22. 佐々木真理: 超急性期脳虚血画像診断の現状と課題. 第75回日本脳神経外科学会 10, 福岡. 2016

  23. 小林正和、小笠原邦昭、及川公樹、松本昌泰、小島大吾、吉田研二、藤原俊朗: 頚動脈内膜剥離術後過灌流は術中塞栓による脳虚血巣の出現を抑える:Wash out仮説の拡大解釈. 第26回東北脳SPECT研究会 9, 山形, 2016

  24. 千田光平、小笠原邦昭、小島大吾、及川公樹、松本昌泰、藤原俊朗、小林正和、吉田研二、久保慶高、寺崎一典: 無症候性頸部内頸動脈高度狭窄に対する内膜剥離術は認知機能を改善させるか?-非手術との比較-. 第26回東北脳SPECT研究会 9, 山形, 2016

  25. Fujiwara S, Mori Y, de la Mora DM, Ogasawara K, Yoshioka Y: Detection of abnormal cerebral hemodynamic change by intravoxel incoherent motion analysis in bilateral common carotid artery occlusion rat. 第44回日本磁気共鳴医学会大会 9, 大宮, 2016

  26. 幸治孝裕、久保慶高、佐藤由衣子、小笠原靖、野村順一、佐々木真理、小川彰、小笠原邦昭: 3T MRI、7T MRIによる未破裂脳動脈瘤患者におけるレンズ核線状体動脈起始部の評価. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 9, 福岡, 2016

  27. 藤原俊朗、森勇樹、de la Mora DM、小笠原邦昭、吉岡芳親: 両側総頸動脈閉塞ラットを用いたIVIM-DWI脳循環代謝測定法の検証. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 9, 福岡, 2016

  28. 久保慶高、吉田研二、吉田純、及川公樹、松本昌泰、小笠原邦昭: 当施設におけるチマメ状破裂内頚動脈瘤の手術戦略の変遷 −術中脳血流測定を用いた最近の工夫−. 第22回日本脳神経モニタリング学会 7, 東京, 2016

  29. 小笠原靖、小笠原邦昭、鳴海新介、藤原俊朗、佐藤由衣子、小林正和、佐々木真理、寺山靖夫: 頸動脈内膜剥離術中の微小塞栓出現の術前予知:3D T1W MRプラークイメージングによる検討. 第35回日本脳神経学会超音波学会総会 6, 横浜, 2016

  30. 吉田浩二、佐浦宏明、藤原俊朗、斎藤秀夫、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭、小川彰、寺崎一典: 頚動脈内膜剥離術後の認知機能変化と脳糖代謝動態:FDG-PET研究. 第35回岩手県核医学懇話会 6, 盛岡, 2016

  31. 小笠原靖、小笠原邦昭、鳴海新介、佐藤由衣子、藤原俊朗、小林正和、佐々木真理、寺山靖夫: 頸動脈内膜剥離術中の微小塞栓出現の術前予知:3D T1W MRプラークイメージングによる検討. 第3回日本心血管脳卒中学会学術集会 6, 東京, 2016

  32. 小笠原邦昭: 手術合併症の制御を考慮した頚動脈内膜剥離術のマネージメント. 第3回日本心血管脳卒中学会学術集会 6, 東京, 2016

  33. 千田光平、小笠原邦昭、及川公樹、松本昌泰、藤原俊朗、小林正和、吉田研二、寺崎一典、小川彰: 頸部頸動脈血行再建術後過灌流予知における頭部MRAの有用性とacetazolamide負荷脳血流SPECT施行の効率化. 第22回NMCC共同利用研究成果発表会 5, 盛岡, 2016

  34. 及川公樹、千田光平、松本昌泰、佐浦宏明、吉田浩二、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 慢性両側椎骨動脈閉塞に対するバイパス術後に低酸素脳組織を示す[18F]FRP-170の集積が消失した一例. 第22回NMCC共同利用研究成果発表会 5, 盛岡, 2016

  35. 久保慶高、幸治孝裕、吉田研二、吉田純、及川公樹、松本昌泰、小笠原邦昭: 当施設におけるチマメ状破裂内頚動脈瘤の手術戦略の変遷 -術中脳血流測定を用いた最近の工夫-.第45回日本脳卒中の外科学会学術総会 4, 札幌, 2016

  36. 千田光平、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 頸部頸動脈血行再建術後過灌流予知における頭部MRAの有用性とacetazolamide負荷脳血流SPECT施行の効率化.第45回日本脳卒中の外科学会学術総会 4, 札幌, 2016

  37. 小笠原邦昭: ACZ適正使用指針を踏まえた有効な負荷脳血流SPECT. 第41回日本脳卒中学会総会 4, 札幌, 2016

  38. 小笠原邦昭: 脳梗塞慢性期の外科治療 (EC-IC Bypass). 第41回日本脳卒中学会総会 4, 札幌, 2016

  39. 佐々木真理: MR/CT灌流画像を脳卒中診断に活かす. 第41回日本脳卒中学会総会 4, 札幌. 2016

  40. 久保慶高、幸治孝裕、太田原康成、吉田純、山館圭子、轟知佳、小笠原邦昭: 高齢未破裂脳動脈瘤患者へのclipping術は高次脳機能とQOLに影響を与えるのか?:WAISとSTAIを用いての検討. 第29回日本老年脳神経外科学会 4, 奈良, 2016

  41. 小笠原邦昭: 頚動脈内膜剥離術後の認知機能変化 -改善?不変?それとも悪化?-. 第14回北海道ブレインアタックフォーラム 1, 札幌, 2016

  42. 千田光平、及川公樹、松本昌泰、野村順一、小笠原靖、小林正和、吉田研二、小笠原邦昭: 頸動脈内膜剥離術後過灌流予知におけるacetazolamide負荷脳血流SPECTの精度と頭部MRAによるスクリーニング. 第39回日本脳神経CI学会総会 1, 東京, 2016

  43. 佐浦宏明、小笠原邦昭、斎藤秀夫、吉田浩二、寺崎一典、佐々木敏秋、小林正和、吉田研二、別府高明、小川彰: 脳主幹動脈狭窄閉塞性病変により慢性虚血脳での低酸素組織の存在:18F-FRP17 PETによる検討. 第39回日本脳神経CI学会総会 1, 東京, 2016

  44. 小笠原靖、小笠原邦昭、鳴海新介、藤原俊朗、佐藤由衣子、吉田研二、小林正和、佐々木真理、寺山靖夫、小川彰: 頸動脈内膜剥離術中の微小塞栓出現の術前予知:3D T1W MRプラークイメージングによる検討. 第39回日本脳神経CI学会総会 1, 東京, 2016

ページの先頭へ