cMRI2 研究業績(研究テーマ4)

2016年

論文(英文)

  1. Tsukimura I, Murakami H, Sasaki M, Endo H, Yamabe D, Oikawa R, Doita M: Assessment of magnetic field interactions and radiofrequency-radiation-induced heating of metallic spinal implants in 7 T field. J Orthop Res (Epub), 2016

  2. Oriso K, Kobayashi T, Sasaki M, Uwano I, Kihara H, Kondo H: Impact of the Static and Radiofrequency Magnetic Fields Produced by a 7T MR Imager on Metallic Dental Materials. Magn Reson Med Sci 15(1):26-33, 2016

  3. Shinohe Y, Higuchi S, Sasaki M, Sato M, Noda M, Joh S, Satoh K: Changes in brain activation induced by visual stimulus during and after propofol conscious sedation: a functional MRI study. Neuroreport 27(17):1256-1260, 2016

  4. Akasaka M, Kamei A, Araya N, Matsumoto A, Konishi Y, Sotodate G, Shirasawa S, Toya Y, Kasai T, Chida S, Sasaki M.: Assessing Temporal Brain Metabolite Changes in Preterm Infants Using Multivoxel Magnetic Resonance Spectroscopy. Magn Reson Med Sci 15(2):187-92, 2016

  5. Kameda T, Inukai K, Higuchi S, Ogawa A, Kim H, Matsuda T, Sakagami M: Rawlsian maximin rule operates as a common cognitive anchor in distributive justice and risky decisions. Proc Natl Acad Sci 113(42):11817-11822, 2016

論文(和文)

  1. 千葉俊美: 機能性消化管疾患(IBS). 診断と治療 46(9):1100-1107, 2016

  2. 千葉俊美: 過敏性腸症候群の病態と脳腸相関. 日本心療内科学会誌 20(4):232-237, 2016

図書

  1. 宮内哲、星詳子、菅野巖、栗城眞也、徳野博信(編集): 脳のイメージング (ブレインサイエンス・レクチャー), 共立出版, 2016

  2. 宮内哲、寒重之: 9章 脳機能画像法による睡眠研究. 睡眠科学: 最新の基礎研究から医療・社会への応用まで 三島和夫(編集), 化学同人, 2016

学会発表

  1. Sahara Y, Horie S, Fukami H, Matsumoto-Goto N, Nakanishi-Mastui M, Tohyama K, Futai M: V-ATPase a3 subunit KO mouse shows decreased salivation. 4th International Symposium on Salivary Glands in Honor of Niels Stensen 11, Okazaki, Japan, 2016

  2. Harada H, Fujiwara N, Sahara Y, Oka K, Kumakami-Sakano M, Otsu K: Contact inhibition of locomotion via EMT by TGF-Rho signal leads to genesis of Epithelial cell rests of Malassez from Hertwig’s epithelial root sheath. The Tooth Morphogenesis and Differentiation (TMD) 2016 6, Porvoo, Finland, 2016

  3. 深見秀之、石川瑛三郎、柴田晃太郎、佐原資謹: 歯の喪失が顎運動時の脳活動に与える影響. 第48 回東北生理談話会 10, 盛岡. 2016

  4. 佐々木真理: 超高磁場MRIによる脳画像研究の新しい展開. 圭陵会富山支部総会 10, 富山. 2016

  5. 近藤ゆき子: 人工甘味料の味覚刺激時の脳活動変化と人工甘味料摂取による体重変化. 第67回日本薬理学会北部会 9, 札幌. 2016

  6. Fukami H, Sahara Y: Functional connectivity analysis of olfactory system-7 tesla fMRI study. 第58回歯科基礎医学会学術大会 8, 札幌. 2016

  7. Fukami H, Sahara Y: Detection of functional connectivity from the olfactory cortex. 第39回日本神経科学大会 7, 横浜. 2016

  8. 佐々木真理: 高磁場MRIによる脳画像解析の新しい展開. 第18回静岡県脳循環代謝核医学研究会 6, 静岡. 2016

  9. 佐々木真理: 超高磁場MRIによる脳画像診断の新しい展開. 第183回日本医学放射線学会九州地方会 6, 宮崎. 2016

  10. 近藤ゆき子、樋口さとみ、山下典生、佐々木真理、弘瀬雅教、平英一: 人工甘味料によるラットの脳活動と食行動の変化. 第89回日本薬理学会 3, 横浜. 2016

  11. Fukami H, Sahara Y: Functional connectivity from the piriform cortex during olfactory stimulation. 第93回日本生理学会大会 3, 札幌. 2016

  12. Sahara Y, Horie S, Fukami H, Goto N, Nakanishi M: V-ATPase subunit a3 KO mouse shows reduced salivation. 第93回日本生理学会大会 3, 札幌. 2016

  13. 佐々木真理: 高磁場MRIによる脳画像解析の新しい展開. 第1回富山神経画像研究会 3, 富山. 2016

  14. 佐々木真理: 高磁場MRIによる脳画像解析の新しい展開. 第20回ニューロイメージングカンファランス 2, 名古屋. 2016

  15. 千葉俊美: 下痢型過敏性腸症候群の食餌抗原の関与. 第12回日本消化管学会総会 2, 東京. 2016

  16. 佐々木真理: 脳神経MRIの新たな可能性. Hi Advanced MR Seminar in Fukuoka 1, 福岡. 2016

ページの先頭へ